鬼の朔日

こんにちは。
米酉倶楽部キャプテンの
ヤマシタです。

古くから日本には、
朔日(ついたち)にお赤飯を食べる風習が
あったのだそうです

お赤飯とは不思議なものです。

こどもの頃、見向きもしなかったものが
年齢を重ねるほどに、ますますおいしく
ありがたく感じるようになります。

もちっとした米と小豆の風味。
ごま塩がいい仕事をするんですよね。

今日の帰り道は、
お赤飯を探す旅になりそうです。

コメントを残す