台湾ソーセージ

おはようございます。
米酉倶楽部キャプテンの
ヤマシタです。

「ふと」した拍子に、
とびらが開くことがあります。

はじめての味に出会ったとき。
香りが遠い記憶と結びついたとき。
ひとクセある料理を口にしたとき。

「あ、いまの自分は
その料理のことが好きなんだ」

と、気づくのです。

台湾ソーセージは
とびらを開けるタイプの
料理だとおもいます。

Mon anでは自家製の台湾ソーセージを
お出ししております。

とてもおすすめの一皿です。



コメントを残す