里芋にありがとう

旬です。里芋。

自然の山で取れる
「山芋・自然薯」に対して

「里」つまり「村の畑」で
取れる芋だから「里芋」だ。
というのが名の由来。

その歴史はおよそ10,000年前、
なんと縄文時代にまでさかのぼる
というから驚きです。

稲作が普及するまでは
人々の主食は「里芋」。

「里芋天下」の時代が
あったということですね。

「いやあ、あの頃は大変お世話になりました。
人類を代表してお礼を申し上げます」

そんな気分で食べてみるのも、
ロマンがあっていいですね。

清喜では素揚げにしてご提供。
「サクッ」と「ねっとり」。
食感のコントラストが楽しい一皿です。

コメントを残す