茹でステーキは「肉質の良さ」で決まる!

「茹でステーキ」とは
読んで字の如く、

ステーキにも使える牛ブロックを
焼くのではなく「茹で」て調理した
ステーキのことです。


表面の酸化した油脂も落ち、
加熱に直火やオイルを使用しないので、
よりスッキリと牛肉本来の旨みを
楽しめるのがいいところ!

食欲があまり湧かない日にも、
茹でステーキならば
するすると箸が進みます。




おいしい茹でステーキの条件は1つだけ。
「上等な牛肉をつかう」ことです。

そんなの当たり前じゃないか。
という声が、今聞こえてきました。

しかしです。

これ以上なくシンプルな作り方である
茹でステーキでは「肉質の良さ」が
仕上がりを大きく左右するのです。

くさみが出てしまっていたり、
硬く筋張った部位のお肉は、
茹でステーキには向きません。

うっすらとサシが入った
新鮮な赤身がベストです。

お肉の旨みが詰まった
キレイな肉質であればあるほど
口に広がる旨みに違いが出ます。

ちょっと背伸びをしてでも、
確かな品質の和牛を選びましょう。



おろしポン酢を
ちょんと乗せるもよし!

ニンニク醤油、しょうが醤油に
つけるもよし!

感動の赤身体験を、ぜひお楽しみください!
(作り方はこちらから。)

米酉倶楽部では近日中に
「茹でステーキにおすすめ!赤身ブロック」
をリリースする予定です。

乞うご期待!




コメントを残す