ジェントルなラングスティーヌ

「手長海老」の「手」は
なぜこんなにも長いのでしょうか。

自分の体と同じくらいありますからね。
これは相当な長さです。

なにか事情があって、
「長くしとくか」と考えて
進化したのに違いありません。

ぱっと思いつくのは、
高いところの葉っぱを食べたかった
キリンと同じ理由で、

「より広い範囲の食べものを
確保するために
手が長くなった」説。

背の高い藻や、岩の隙間の苔に
リーチできればより多くの
食料を確保できます。

人間で言えば食卓の一番端っこに置かれた
「おかず」に楽に届く感じですね。
これは便利。

しかし、
調べをすすめてみたところ、
理由は他にあることがわかりました。

なんと「長い手でメスを守るため」。
手長海老の手が長いのは
「オス」だけなのだそうです。

レディーファーストの精神を忘れない、
ジェントルな海老。

なんだか「手長海老」が
カッコよく見えてきました。

手長海老は、赤坂「Mon an」にて
お出ししています。

コメントを残す