なんてったって春

こんにちは。
米酉倶楽部キャプテンの
ヤマシタです。

春告魚(はるつげうお)。

ニシンをはじめ、
メバルやサワラなど、
春の海の代表選手たちが呼ばれます。

3〜5月になると産卵のために
沿岸部にやってくるので
春を告げに来たと言われるように
なったのだそうです。

ロマンあふれる話です。
でも魚サイドからしたら、

「いや!たまご産みに来たんだよ!」

ですよね。

ちなみに、
ぼくはイカナゴの幼魚
「かなぎ」がすきです。

じゅわっと脂が乗っていて
焼酎のアテにもぴったり。

旬の食で季節を感じる。
季節を感じてお酒を嗜む。

四季のある土地に暮らす
ありがたさですね。


コメントを残す