大寒の候

気がつけば「大寒」。

春夏秋冬をさらに6分割した、
中国発祥のこよみ「二十四節気」の
最後を飾る大寒。

1年で最も寒くなるこの時期には
鶏もじっとして栄養を蓄えるので、
卵の栄養価もアップするのだそうです。

とくに大寒当日(2023年は1月20日)に
産み落とされた卵は縁起物として
重宝されており、

食べればその1年は
「無病息災」と「金運」に
恵まれると信じられてきました。

週明けには、
とんでもない寒波がやってくると、
まことしやかに囁かれています。

ここはひとつ大寒のたまごで
英気を養ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す