木下牛の牛丼キットはこのように

こんにちは。
米鳥倶楽部キャプテンの
ヤマシタです。

ふふふ、ついに!

わが家にも届きました!
木下牛の牛丼!

ということで早速、
作ってみたいと思います。


梱包はこのような感じです。
おなじみのウシが目印。
ありがとう、ヤマト運輸さん。

ドキドキしますね。



ドドンっ!
壮観。ぴっしり詰まってます。
2人前が2セット。

ずっしりと重量感があって、
幸せの予感がします。





パッケージの帯の裏側には、
つくりかたの説明があります。親切。

内容物はお肉と、玉ねぎと、おつゆ。
さあ、お鍋の用意だ!




おつゆを鍋に開けて、中火にかけます。
沸々としてきたら玉ねぎを投入。
1分ほど煮ましょう。

玉ねぎはカット済みなので、
包丁も、まな板も不要です。



主役のお肉を加えてほぐします。

焦らずゆっくり優しくほぐしましょう。
大丈夫、牛丼は逃げません。

全体に火が通ったら、火を止めましょう。
あっという間にできちゃいました。

熱々のうちに白飯に盛って、
付属の
紅生姜をちょんと乗せたら、
(安心してください
、紅生姜も付いてます。)

……完成!!

いただきます!

がばっとかき込めば、
木下牛のスッキリ甘いピュアな旨味と
キレの良いおつゆが溶け合い、

はふはふと幸せの吐息が漏れます。



どんぶりなら2杯。
お茶碗なら4杯といった分量です。

牛丼はもちろんですが、
晩ごはんのおかずなら、
肉豆腐にしてもバッチリ。

毎週水曜日に入荷。
すべて手仕込みのため
限定10セットとさせていただいています。


こちらからお求めいただけます!
是非、お試しくださいませ。


コメントを残す