ぬか漬けの味

 こんにちは。

米酉倶楽部キャプテンの
ヤマシタです!

「ぬか漬けは手を入れる人で味が変わる。」

と、よく耳にします。

毎日のように手を入れて
かき混ぜるのですから、
さもありなん、ですよね。

想像するに、
おいしく浸かる漬け床のなかでは

もともと住んでいた菌たちと
人の手から移った菌たちが
“うまいことやってる”のだと思います。

『お前ら良い奴らだな。
同じ床に住む菌同士、
仲良くやっていこうぜ。』

と、きて

『おう、兄弟!こっちだ!
見ろ、きゅうりが来たぞ!
いっちょう発酵させてやろうぜ。』

といった具合。


米酉グループのお店、
「清喜ひとしな」と「餃子 おそ松」で
お出ししている 「自家製ぬか漬け」も
幸いご好評をいただいていますので、

きっと目には見えない
「ぬか床の平和」が
保たれているのだろうと思います。


 

コメントを残す